低価格で高機能コーヒーポットとしても使える おすすめ電気ケトル (NEKM-C1280)

コーヒーポットとして使える電気ケトルをお探しではないですか

今回は、コーヒーポットとしても使える電気ケトルNEKM-C1280(B)を購入したので紹介します。

目次

電気ケトル(山善) NEKM-C1280(B)

ジェネリック家電で有名な山善です。

ジェネリック家電とは著名ではない企業が製造・販売する、いわゆる「ノーブランド品」で廉価かつ比較的高品質な家電の俗称。

商品概要

仕様1:本体サイズ幅28.5×奥行18×高さ22.5cm 重量約900g
仕様2:消費電力1200W
仕様3:コード長さ約0.7m
仕様4:定格容量約800mL
仕様5:温度設定範囲60℃~100℃

蓋や中身、裏はこんな感じです。

持ち手はちょうど良いサイズでに握りやすく持ちやすいです。

機能

タッチパネルで操作できます。

  • 60~100℃まで1℃単位の温度設定(-/+で調整)
  • 6段階のかんたん温度設定(温度計表示を押す)
  • 手軽なワンタッチ沸とう(100℃を押す)
  • 空焚き防止機能付
  • お好みの温度でお湯をキープできる保温機能(KEEPを押す)
  • お湯の量を調整しやすい細くて長い注ぎ口

良いところ

  1. 温度調整ができる
    1℃単位で調整ができちょうど良い温度のお湯を沸かすことができる。
    温度調整機能はコーヒーを美味しく入れるために必須の機能ですね。
  2. 1200Wなので沸騰するのが早い
    1000Wのケトルを使用していましたが、200W増えるだけで沸騰時間がとても速く感じます。(これが意外と嬉しいです)
  3. 見た目がおしゃれ
    高級感があり、お部屋のインテリアとしても溶け込むのでキッチンに置いているだけで部屋が少し、おしゃれになった気がします。
  4. 見た目以上の容量
    スタイリッシュな見た目に反して、容量は0.8ℓと大容量です。
  5. 低価格で高機能
    機能が豊富で1万円でお釣りが返ってくる安さです。有名ブランドであれば1万円以上したり機能が少なかったりすると思います。
  6. コーヒーが美味しく入れれる
    吐出口が細くなっているのでコーヒーを入れる時にドリップがしやすく美味しく入れられます。

悪いところ

  1. 電源コードが短い
    0.7m程しかないので短く感じます。延長コードを使用すれば問題ないと思います。
  2. ポットの中が洗いづらい
    入口が7cm程で手が入らないため洗いづらいです。水筒などを洗う細いスポンジがあれば特に気にする必要はないです。

まとめ

  • 機能が多い
  • 見た目がおしゃれ
  • コーヒーを美味しく入れれる

総合的にとても満足できる商品でした。

普通のケトルよりはお値段が少し高いですが、コーヒーポット兼用と考えればそこまで高い製品ではないと思います。

  • おしゃれなケトルが欲しい
  • コーヒーポットとしても使えるケトルが欲しい

そんなケトルを探している方にはおすすめの商品です。

また一段とコーヒータイムが楽しみになりました。

気になる方は購入してみて下さい。

最後にコーヒーを入れて終わりです(笑)

コーヒーは飲みますか?【至福のひと時】 – たけたけblog (taketake1014.com)

以上、終わり~

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる