コスパ最高!低価格でゲーム配信ができるキャプチャーボード【ShuOne321】をレビュー

皆さんこんばんは!!

今日は、中華キャプチャーボード第二弾です。

今回は、コスパ最高(まともなもので)と言われているキャプチャーボードを購入したので紹介します。

目次

ShuOne321 キャプチャーボード

ShuOne キャプチャボード HDMI USB3.0ゲームキャプチャ1080P 60FPS PS4、PS5、Wii U、Switch、Xbox Webカメラ、DSLR HDMIゲームライブ録画/HDMIビデオ録画/ライブストリーミングキャプチャデバイス、YUV、YUY2ビデオ形式、ゼロレイテンシーHDMIループアウトをサポート

概要

  1. HDMI入力 1080P60Hz
  2. HDMIループアウト 1080P60Hz
  3. マイク入力ポート USB3.0
  4. OSのサポート Windows 8/10 (64-bit) / Mac OS 4th generation quad‑core Intel Core i5 CPU (i5-4xxx or comparable) Intel HD or NVIDIA GeForce GTX 600 series graphics (or better) 4 GB RAM, built-in USB 3.0
  5. デバイスとの互換性 Wii U, PS4, PS3, Xbox One, Xbox 360, Wii and Nintendo Switch.

こちらが、端子類の差し込み口になります。

  • HDMI入力
  • バススルー用HDMI出力
  • PCと接続するUSB3.0

とてもシンプルで、初心者の方でも簡単に繋げれると思います。

実際に使用してみて

PS4のゲーム配信と録画で使用するために購入しました。
(前回紹介したものが使い物にならなかったので・・・)

今回は、ちゃんと60fpsで出力してくれますし、映像の録画、配信も問題なく使用できました。

安いものでも普通に使えるので、わざわざ高いものを購入しなくても良いなといつも思います。

安くて怪しい商品を購入するときは、Amazonをおすすめします。ほとんどの商品が返品できて手続きも簡単なので。

こちらが、録画した映像になりますのでぜひ見てみて下さい(ちなみにエーペックスです・・・)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

注意事項

こちらのキャプチャーボードは、PCが必要であり、配信ソフトも付属されていません。

ですから、OBSスタジオを自分でインストールして設定する必要があります。

OBSのインストールや設定方法は、調べたらすぐにでてきますので、簡単にできると思います。
(一様OBSの設定方法の説明書は入っています。)

PCを持っていない方などにおすすめなチャプターボードはこちらです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる