自宅で手軽に水出しコーヒーを!iwakiウォータードリップコーヒーサーバーをレビュー

皆さんこんにちは。

自宅で簡単に水出しコーヒーが楽しめる、

iwaki ウォータードリップコーヒーサーバー」を購入したので紹介します。

これからの暑い時期に冷たいコーヒーを楽しめるピッタリのアイテムになります。

見た目もおしゃれでとても簡単に使えるウォータードリップサーバーとなっています。

この記事で分かること

  • 水出しコーヒー(ダッチコーヒー)とは
  • iwaki ウォータードリップコーヒーサーバーについて
  • iwaki ウォータードリップコーヒーサーバーの使い方

【Kalita】初めてのコーヒードリッパーはこれ!定番のカリタ式で誰でも美味しくコーヒーを淹れる【カリタ 102】淹れ方とフィルターの折り方も | たけたけblog (taketake1014.com)

目次

水出しコーヒー(ダッチコーヒー)とは

水でじっくり時間をかけて抽出されたコーヒーのことで、

深いコクと豆本来の美味しさを引き出したコーヒーになります。

一般的なアイスコーヒーとは違い、熱湯を使用して抽出しないため、

酸味が少なく、まろやかで甘みのあるまったりした味わいのコーヒーとなります。

カフェインの含有量も少なく消化器系にも優しいのも特徴の一つです。

抽出の種類

水出しコーヒーの抽出方法は主に2種類あります。

浸漬(しんし)式
コーヒーの粉を長時間水に浸して抽出する方法

滴下(てきか)式
水を少しずつコーヒー粉に落として抽出する方法

今回の「iwaki ウォータードリップサーバー」は滴下式になります。

iwaki ウォータードリップコーヒーサーバーについて

見た目がおしゃれなウォータードリップコーヒーサーバーとなっています。

素材本体/耐熱ガラス
フタ/ポリプロピレン(耐熱温度:140℃)
フィルター/AS樹脂(耐熱温度:90℃)
水タンク/ポリスチレン(耐熱温度:90℃)
寸法φ12×H26.5cm
抽出量440ml

付属品と外観

  • 水タンク
  • フィルター(繰り返し使用可能)
  • コーヒーサーバー
  • フタ(サーバー、水タンク用)

コーヒー豆があればすぐに水出しコーヒーが作れるようになっています。

各パーツごとに別売りされているので一つが壊れてもすべて買い替える必要がありません。

フィルターは、とても細かいメッシュ状になっています。

iwaki ウォータードリップコーヒーサーバーの使い方

使い方はとても簡単です。

準備するもの 抽出量(440ml 4杯分)

  • iwaki ウォータードリップコーヒーサーバー
  • コーヒー粉40g
  • 水(450ml+コーヒー粉を湿らせるための40ml)

※豆の粗さは中細挽きを使用するようにして下さい。
(中挽き、荒挽きだと味が薄くなり、細挽き、極細挽きだとフィルターが目詰まりし抽出されない場合があります。)

抽出のやり方

①フィルターにコーヒー粉をセットする

②水約40mlを3回ぐらいに分け、コーヒー粉をかき混ぜまんべんなく湿らせる
※全体をよく湿らせないと、コーヒーが薄くなったりして充分に抽出されない可能性があります。

③水タンクをフィルターの上に乗せる

④水タンクに450mlの水をゆっくり注ぎ入れ、蓋をする

右の写真のように少しずつ抽出が始まります。(見ていて楽しかったです)

⑤抽出が終われば完成(約2時間で抽出が終わります

お好みの飲み方でお召し上がり下さい!!

抽出の様子

ポタッ、ポタッと一滴ずつ水を落として抽出されています。

左が30分後、右が1時間後

実際に最後まで抽出時間を計ってみたところ、2時間8分で抽出が終わりました。

約2時間で抽出が完了すると書かれていたので、説明書通りでした。

まとめ

iwaki ウォータードリップコーヒーサーバー」について紹介しました。

  • 簡単に水出しコーヒーが作れて楽しめる
  • 見た目がおしゃれ
  • アイスコーヒーとは違った味が楽しめる

簡単に美味しい水出しコーヒーが作れるのでとても満足です。

皆さんもお家カフェを楽しんでみてはいかがでしょうか。

マイボトルに入れて持ち運ぶのも良いですね!

ぜひ気になって方は購入してみて下さい。

以上、おわり~

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる