オンライン対戦も可能!おすすめの家庭用ダーツボード【グランボード3s】をレビュー静音性についても

自宅でダーツを楽しむために必要なのが、家庭用ダーツボードです。

今回は、家庭用ダーツボードの中でもショップで投げている感覚に近い電子ボード

グランボード3s」を購入したのでレビューしていきます。

  • ゲームの種類が豊富
  • 自動で計算してくれる
  • オンライン対戦が可能
  • 自分のプレイデータを保存できる

機能満載のダーツボードとなっています。

目次

グランボード3sの概要

メーカーグランダーツ
サイズ縦56.5cm、横56.5cm、厚さ4cm、重さ3kg
付属品本体×1、取付フック用ネジ×3、取扱説明書、USBケーブル
給電単三電池×2本orUSB

外観とスイッチ類

表には、プレーヤーチェンジボタン

外側には、USB接続部と電源スイッチ

裏側は、ブラケット用ビス穴、電池入れ

グランボード3sのメリット

自動で計算してくれる

電子ボードなので自動で計算してくれます。

そのため練習の時は投げることに集中でき、友達や家族とダーツをするときはショップで遊んでいる感覚で楽しめます。

反応が正確

家庭用ダーツボードで一番気になるところだと思います。

問題なく、刺さった場所をしっかりカウントしてくれます。

何度も使用していますが、誤反応や誤動作は数えるぐらいしか記憶にありません。

いろいろなゲームモードが搭載されている

カウントアップ、01、クリケットはもちろん、パーティー用のゲームなど、ショップのダーツボードとほとんど同じぐらいのゲームモードを搭載しています。

オンライン対戦ができる

アプリを使って簡単にオンライン対戦ができます。

グローバル対応なので、さまざまな国の人たちと対戦することができます。

グランボード3sのデメリット

静音性はいまいち

ダーツがボードに刺さるときの音は大きめです。

他のダーツボードと比べる静かですが、マンションなど夜中の使用は近所迷惑になるかもしれません。

鉄筋コンクリート構造であればそこまで気にする必要はないと思います。

すべてのゲームが無料ではない

一部パーティーゲームは課金して購入する必要があります。

購入特典とかで無料にしてくれてたらいいのに・・・

限られた一部なので、そこまで気にはなりません。

価格が高い

25,000円程します。

電子ボードなので普通のボードと比べると高めなのはしょうがないです。

投げ放題とか行けば1,000円ぐらいはかかるので、元を取るのはすぐだと思います。

静音性について

家庭用ダーツボードを購入する時に一番気にすることだと思います。

音が気になるため購入をあきらめたひとも多いと思います。

グランボード3sがどのぐらい音がでるのか測定したので参考にして下さい。

  • 左の写真:ダーツボード真横
  • 中央の写真:ダーツボードから1m離した位置
  • 右の写真:ダーツボードからスローラインまで離した位置

刺さった瞬間は、どれも70dbを超えています。

・90dB(きわめてうるさい)犬の鳴き声(5m)、騒々しい工場の中
・80dB(うるさい)地下鉄の車内、交差点、電車の車内、ピアノ(1m)
・70dB(うるさい)騒々しい事務所の中、騒々しい街頭、セミの鳴き声(2m)
・60dB(うるさい)静かな乗用車、普通の会話、洗濯機(1m)、掃除機(1m)、テレビ(1m)

夜中に使うのは少し厳しいかもしれません。

日中の使用であれば問題ないです。

まとめ

こんな方におすすめ

  • 家庭でもショップのような感覚で投げたい
  • いろいろな種類のゲームで遊びたい
  • 自動で計算してほしい
  • みんなとダーツを楽しみたい
  • オンライン対戦したい

家庭でオンラインもできて、ダーツショップのような感覚で投げられるので、毎日投げています。

購入すれば、毎日無料で投げ放題なのでコスパもよいです。

壊れた場合も、パーツも種類別で売っているので安心です。

自宅で楽しいダーツライフを!!

以上、おわり~

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる