中華の闇を体感【4k60fps】Chilison HDMI キャプチャーボードをレビュー

激安で4K解像度、60fpsで出力してくれるキャプチャーボードをAmazonで発見しました。

今回は、【4k60fps】Chilison HDMI キャプチャーボード(商品名だと思う)を紹介します。

実際に購入した外付けキャプチャーボード【4選】とおすすめを紹介!! – たけたけblog (taketake1014.com)

目次

【4k60fps】Chilison HDMI キャプチャーボード

5,353円でさらに20%OFF(だいたい4,300円程)※購入時

レビューも驚異の4.4でした(レビューめっちゃいいじゃんとか思ってます)

チャイナポストで届きました。(白い包装)

見た目はシンプルで、サイズも小さいのでいい感じです。

商品概要

  • ビデオの入力と出力:最大4K60HZ
  • 3840×2160の解像度で最大60fpsの画像をキャプチャします
  • 出力フォーマットMJPEG
  • 入力信号HDMI、マイク
  • 出力信号HDMI
  • 3.5mmのマイクジャクとステレオ音声出力ポート
  • ビデオキャプチャUSB
  • 重量128g
  • サイズ63x62x15.5(mm)

このスペックで5,000円程なので素晴らしいですね。

使用した感想

実際使用してみましたが、普通に使えます。

OBSにも対応しているので、録画、配信(YouTube)は実際にできました。

説明書も、OBSでの使い方(繋げ方)があったり日本語にも対応しているので(少し変ですが)簡単に設定して使用することができます。

しかし、使用しているとおかしな点に気づきました。

商品概要のスペックと違う…

どこが違うのかと言うと最大60fpsのところです

実際は、30fpsしか出ません…

USBも3.0ではなく2.0でした。色が青いだけ…

また、3.5mmのマイクジャクとステレオ音声出力ポートはノイズが酷すぎて使い物になりません。
※こちらは個体差があるかもしれません。

4K 60fpsの出力もされません。

それでもAmazonレビュー高かったよな~

なぜレビューが高いのか

皆さんもここが一番気になるところですよね

その理由は、この写真を見て下さい。

なんとレビューをしてスクリーンショットを送ると2,500円分のAmazonギフト券が貰えます。
(裏面には、レビューにこのことは書くなと写真を載せるなと記載されています。(笑))

なので実際試してみました。

★1にして、レビュー書いたので2,500円下さいと送りました。

すると返ってきた返信が、下記の通りです。

これでレビューが4.4の理由がわかりましたね!!
(ちなみに★5にして返信したら本当にAmazonギフト券貰えました)原価いくらだよ…

まとめ

  • 4K 60fpsで出力されない
  • 30fpsしか出ない
  • USB3.0ではなく2.0
  • 怪しい商品のレビューは信じない
  • キャプチャーはできる
  • Amazonギフト券がもらえる
  • 中華の闇が体験できた

噂では聞いていましたが、高レビューをお金で買う行為が行われていることが分かりました。

個体差があるだけで本当は、商品概要のスペックが出るのかは分かりません。

他に購入した方がいれば教えて下さい。今から購入して検証したい方用にリンクを貼っておきます。

皆さんも購入するときは注意して下さい。

以上、終わり~

その他キャプチャーボードの記事になります。

キャプチャーボードShuOne321をレビュー – たけたけblog (taketake1014.com)

パススルーを使用しなくても遅延を感じないElgato Game Capture HD60 S – たけたけblog (taketake1014.com)

録画 配信も簡単にできるキャプチャーボード【I-O DATA GV-US2C/HD】 – たけたけblog (taketake1014.com)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる